専門26業務派遣適正化プラン実施結果


専門26業務適正化指導の結果が公表されました。

以下、厚生労働省のホームページから引用

------------

期間制限を免れるために専門26業務と称した違法派遣への厳正な対応における実施結果
(専門26業務派遣適正化プラン実施結果)

 労働者派遣契約上は専門26業務と称しつつ、実態的にはその解釈を歪曲・拡大し、専門26業務以外の業務を行っている事案が散見されることから、本年2 月に「専門26業務派遣適正化プラン」を策定し、一般事務と混同されやすい事務用機器操作(第5号業務)とファイリング(第8号業務)について解釈を明確化するとともに、都道府県労働局において、3月及び4月を集中的な期間として指導監督に取り組んだところである。
 結果は以下のとおりだが、第5号業務、第8号業務以外でも違反が確認されたほか、専門26業務に関する理解が不十分な事業主も見受けられた。
 集中期間終了後も、第5号業務、第8号業務はもとより専門26業務全般の適正化に向け、引き続き厳正な指導監督を行うこととしている。

1 集中的な指導監督期間(3月及び4月)における指導監督の実績(4月末日時点) 
 大手派遣会社をはじめ、専門26業務の労働者派遣の実績のある派遣元事業主及び派遣先を訪問等により指導監督を行うとともに、繰り返し是正指導を行ってきたにもかかわらず専門26業務に係る法違反のあった派遣会社について行政処分を実施。

 (1)指導監督件数・・・・・891件
   うち文書指導済み・・・227件
    
 (2)行政処分件数(全て改善命令)・・・4事業主
 
2 関係団体への要請(「専門26業務派遣適正化プラン」を開始した2月8日〜4月末日)

 社)日本人材派遣協会、(社)日本経済団体連合会等に対し、訪問等により、要請。
  要請件数・・・・・2,234件

詳細はこちら

----------
特に習熟を要しない一般事務を5号業務・事務機器操作と8号業務・ファイリング業務として拡大解釈し、期間の制限なく派遣する事例があります。
開業する前勤めていた会社もこのような形で派遣社員を受け入れていました。
今後、派遣法改正とあいまって適正な派遣をする必要があるといえます。


大阪・派遣許可対策室
労働契約と就業規則対策室
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。