人材サービス各社、ヘッドハンティング事業を拡大



NIKKEI NETより引用

 人材サービス会社がヘッドハンティング事業を相次ぎ拡大している。人手不足で求人広告などの手法では採用しにくい中小企業や地方企業の需要が伸びているためだ。M&A(企業の合併・買収)の増加で優秀な人材への引き合いが増えていることも背景にある。従来は外資系企業の利用が中心だったが、国内企業の間でも活用が広がれば幹部クラスの流動化が進みそうだ。

 インテリジェンスは主力の人材紹介とヘッドハンティング子会社、サイト・フライトの事業を連携させる。人材紹介の登録者のうち、条件が合致した人にサイト社の求人案件を紹介する。人材紹介は若年層向けの仕事が中心で、30代後半―40代の幹部候補は転職しにくかった。相互連携を通じ、ヘッドハンティングの成約人数を月10人から20人に増やす。


◆派遣の許可.net Webサイトへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。