日雇い派遣に雇用保険、厚労省が「フルキャスト」適用へ


 日雇い派遣大手「フルキャスト」(東京都渋谷区)について、厚生労働省は13日、雇用保険の一種である「日雇労働求職者給付金」の適用事業所とする方針を固めた。

 日雇い派遣に雇用保険を適用するのは初めて。日雇い派遣労働者はこれまで、一時的な就労であることを理由に、雇用保険の対象外とみなされてきたが、不安定な就労状況から「ワーキングプア」の温床ともされる現状に配慮し、適用に踏み切ることにした。

 日雇い派遣は、人材派遣会社などに登録した人が、1日ごとに携帯電話やメールなどで紹介された仕事に就くタイプの働き方。簡単に登録でき、働く日時を選べる利点がある一方、仕事が不安定なため、低収入から抜け出せないといった弊害も指摘されている。

 フルキャストは今年2月、労働組合の要請を受け、厚労省に対し、日雇労働求職者給付金の適用事業所とするよう申請。しかし、厚労省は「日雇い労働者を派遣することは、これまでになかった新しい労働形態」とし、適用するかどうかの判断を保留していた。

 同給付金の適用により、フルキャストの派遣労働者は、過去2か月間に26日以上働いていれば、仕事がない日に1日当たり4100〜7500円が支払われる。

 厚労省職業安定局によると、同給付金は本来、建設業などに従事する日雇い労働者に対し、職が見つからなかった日の生活保障として設けたもの。あくまで、いずれは安定した職に就くことを前提にした支援だ。日雇い派遣労働者は、一時的な就労を希望する人の労働形態とも考えられるため、判断が難航していた。

 しかし、厚労省が今年6〜7月、主要な人材派遣会社10社を対象に行った実態調査で、1日あたり約5万1000人に上る日雇い派遣労働者の3割近くが、安定した職に就きたいと考えていることが判明、給付金の対象になりうると判断した。

 厚労省は「雇用保険の支払いを通じ、安定した就労につながるよう支援していきたい」としている。

2007年9月14日10時6分 読売新聞より引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000013-mai-pol



◆派遣の許可.net Webサイトへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。