フルスタが「宮城球場」に 楽天の本拠地


 
 プロ野球、楽天の本拠地「フルキャストスタジアム宮城」の名称が5日以降、「宮城球場」に戻ることになった。フルキャスト社が事業停止命令を受け、県が同社との命名権契約を解除したため。プロ野球の本拠地球場の命名権が解消されるのは国内初のケースという。
 同球場は楽天の本拠地となる際、県が年間2億円で命名権を売却。平成17年3月20日から「フルキャストスタジアム宮城」となり、「フルスタ」などの愛称で親しまれていた。
 県は年内に新たなスポンサーを公募する。


日雇い派遣で問題が多かったフルキャストでしたが、事業停止命令は処分の中でも重いです。
今後、労働者派遣業、監督の方向性を占う意味でもモデルケースとなりそうです。

◆派遣の許可.net Webサイトへ

◆村岡社会保険労務士事務所HPへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。