トヨタ労組、期間従業員の受け入れ決定



 トヨタ自動車労働組合(鶴岡光行委員長、約6万人)は13日、愛知県豊田市で定期大会を開き、期間従業員の組合員化を具体的に進めていく方針を正式決定した。

 勤続年数が1年以上の「シニア従業員」と呼ばれる約4000人を来春以降、1年かけて段階的に受け入れる方向で、今後、組合規約の変更などの手続きを進める。

鶴岡委員長は「期間従業員は不安定な立場に置かれている。同じ職場で働く仲間としてトヨタで働いてよかったと思える環境をつくりたい」と組合員に理解を求めた。組合員からは「期間従業員の面倒を見ると職場の負担が増す。期間従業員の中にも組合の必要性が分からないという声がある」などと戸惑う意見も出た。

 トヨタの国内工場では現在、約9000人の期間従業員が働いている。トヨタ労組は、組合員化を通じて、正社員と格差がある待遇面などの改善を図る方針だ。

引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/90636/

◆派遣の許可.net Webサイトへ


タグ:トヨタ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。