派遣社員の雇用保険・被保険者資格取得・喪失手続(平成21年4月〜)



1.加入、適用基準の変更

(旧)1年以上の雇用見込みがあること
   1週間あたりの所定労働時間が20時間以上あること
 ↓
(新)6ヶ月以上の雇用見込みがあること
   1週間あたりの所定労働時間が20時間以上あること

※平成21年4月1日時点で、6か月以上の雇用見込みがあり、適用基準に該当する場合には雇用保険被保険者資格取得届を提出する必要があります。
また、4月1日前から雇っていた者についても、4月1日以降、雇入れ時から6か月を経過した方については、その時点で加入手続をする必要があります(その後6か月間に離職が確実に見込まれる場合を除く。)。


2.喪失手続

(旧)雇用契約期間満了時、次の派遣就業先が決まっていなくても、派遣労働者が同一の派遣元事業主の下での派遣就業を希望し、かつ、派遣元事業主も次の派遣就業を指示する意向がある場合には、雇用契約期間満了後、1か月程度経過するまでの間は、被保険者資格を喪失しないとの取扱い
 ↓
(新)派遣元事業主が、派遣労働者に対して雇用契約期間満了時までに次の派遣就業を指示しない場合、派遣労働者が同一派遣元事業主の元で派遣就業を希望する場合を除き、雇用契約期間満了時に被保険者資格を喪失する取り扱い
※平成21年3月31日以降、雇用契約期間満了する派遣社員は上記取り扱いで雇用保険資格喪失させることになります。


<村岡社会保険労務士事務所グループサイト>−−−−−−−−−−

中小企業の為の、社会保険・労務管理情報室(村岡社会保険労務士事務所|大阪)

大阪・派遣許可対策室
大阪・近畿一円の派遣業設立(一般・特定労働者派遣事業)手続を代行します。

大阪@開業社労士 村岡社労士事務所ブログ
大阪・派遣許可対策室 ブログ版
村岡社労士事務所 事務所ニュース
村岡社労士日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。